みんなでつくる、絲竹的百科事典。編纂作業にあなたのお力をお貸しください。
TOP > 79kai.com Wiki> きんこりゅう【琴古流】

FrontPage | 新規作成 | 検索 |
  編集 | 差分 | 編集(管理者用) |

きんこりゅう【琴古流】



[ このページを編集する ]

目次

尺八とは
琴古流と都山流・比較概説
琴古流と都山流・楽器の違い
琴古流と都山流・楽譜の違い
琴古流と都山流・本曲とは
三曲合奏における尺八
現代曲と尺八

尺八二大流派のひとつ。絲竹会における尺八の総称。

尺八とは

真竹(まだけ)の根の部分を切り取り、中の節を打ち抜き手孔をあけた縦笛。直接口にくわえず、唄口とよばれる先端部に息を吹き当てて音を発する。管の全長が一尺八寸なのが名前の由来だが、いろいろな長さのものがある。基本となるのが一尺八寸管(基準音D)でこれを八寸管と特に呼ぶ。楽曲に応じて六寸管、二尺三寸管、などを使い分ける。

手孔は表面に4つ、裏面に1つの合計5つが開けられている。八寸管の場合、この手孔でDFGACの5音を発音できる。それ以外の音程が必要な場合、孔の半開、およびアゴを引いて(メリ・沈り)吹くと音程が低くなり、およびアゴを突き出して(カリ・浮り)吹くと音程が高くなるので、これらを組み合わせて12音階の全てを発音することが可能である。

多くの尺八は、全長の半分のところ(中継ぎ)がほぞ加工してあり、二つに分解することができる。

演奏を行うと、管の内部に水滴がたまるので、露切りと呼ばれる布でこれを定期的に拭き取る。

尺八のことを、「竹(たけ)」と呼ぶことがある。

琴古流と都山流・比較概説

宮城道雄師の影響を多分に受けて発展した都山流尺八は、三曲合奏において三絃ベタ付けを嫌い、尺八が独自のパートを受け持つことを指向しているところに大きな特徴がある。

古典手法の継承を専らの領分とする琴古流に対し、半ばそこから喧嘩別れのような形で成立した都山流は、それまでの古典楽曲、古典手法の一切を捨て去らざるをえず、よって急務として自らが吹くべき楽曲の創作を強いられた事情がある。

琴古流と都山流・楽器の違い

唄口とよばれる、息を当てる部分には、補強のために水牛の角、或いは象牙などが埋め込まれているが、その形状が、琴古流の場合は三角のバチ型、都山流の場合は丸い三日月型をしている。また、歌口の切り欠きが、琴古流は深く狭く、都山流は広く浅い。琴古流のほうがより深いメリ込みに対応できる。

また、手孔の開削位置が都山流はより実用的で、微細なメリカリを意識せずにそのまま素直に吹けば音程が合い易い。琴古流の場合は古典手法を重視する都合上、旧来の調律法に倣うことが多いが、近年の調律ではその差はほとんどないと考えてよい。

琴古流と都山流・楽譜の違い

古い時期に確立された琴古流の記譜法に対して、都山流の記譜法はより実用的で、ほぼ五線に準じた形式をとる。両者は同じ運指をそれぞれ違う音名で呼ぶので混乱を生じ易い。例えば琴古流におけるリは、その運指を都山流ではハと呼び、ハという音名は琴古流では全く別の運指になる。

琴古流と都山流・本曲とは

琴古流本曲とは、虚無僧の吹禅に用いられた曲のことで、楽曲の格として琴古流の中核に位置付けられる。三曲合奏の地歌・箏曲などを外曲(がいきょく)と呼ぶことからも、本曲を重要視していることがうかがえる。旋律の描写よりも手法の蓄積による旋律移行が主体で、尺八以外の楽器での演奏は全く不可能といえる。琴古流本曲は精神的な表現世界ととらえることができ、近年特に国外でのジャパネスク志向、いわゆる禅マインドの象徴として注目を受けている。

都山流本曲とは、流祖中尾都山作曲の楽曲群のことで、琴古流本曲との関連はない。

三曲合奏における尺八

前述のとおり、琴古流と都山流で考え方の違いはあるが、概ねその期待されるところは、撥絃楽器である箏・三絃の旋律を補完する持続音楽器としての役割で、気合いの一致で緩急を合わせる箏・三絃に対して、持続音の中での変化で途中拍を意識させる効果もある。尺八が加わることによる音楽的な効果は一概に評価できないが、そのそもそもの発端は、それぞれが手にする楽器で同じ旋律を奏で、演奏者自身が楽しむことであったということを付け加えておく。

現代曲と尺八

持続音楽器であることから、主旋律を担当する比重が大きい。よって現代曲の演奏に際して、尺八奏者は演奏技量的に十分に熟練していることが要求されるが、唄口との相性、呼吸法など課題が多く、初学時の数年間はやや心許ない演奏者が多い。音質や精緻な音程、強弱などを考慮した演奏を習得するには更に時間を要する。これらの習熟過程において、古典を本分とする琴古流の演奏者がやや遅れをとる傾向は否定できないが、最終的には演奏者各個の問題といえる。
RSS


Copyright(c) 1999-2017 79kai.com
All Rights Reserved.
TOPページへ

79kai.com CONTENTS
>絲竹会活動報告
>絲竹会活動予定
>OB・OG会
>なんちゃって合奏団
>79kai.com Wiki
>79ちゃんねる(掲示板)
>お問い合わせ

79kai.com Wiki MENU


学習院大学
Your access No.

since April 01,1999

title-image