みんなでつくる、絲竹的百科事典。編纂作業にあなたのお力をお貸しください。
TOP > 79kai.com Wiki> しゃみせんぶーむ【三味線ブーム】

FrontPage | 新規作成 | 検索 |
  編集 | 差分 | 編集(管理者用) |

しゃみせんぶーむ【三味線ブーム】



[ このページを編集する ]

2000年頃より★三味線ブーム★が79にもやってまいりました。 津軽三味線ブームが原因ではないか・・・と思われます。

とはいえすでに長唄研は無く、三味線弾きたい学生達は絲竹会か落研の二択をさまようこととなりました。

ちょうど山田流ご指導者もまなみ先生ちひろ先生へと代わられる時期と重なり両先生方は快く三味線もご指導くださるようになりました。

ここで山田・生田ともに三味線希望者の受け入れ体制が整い、絲竹会は文字通り「三曲」研となり現在に至ってます。三味線希望者が多すぎて、箏にまわってもらったり、箏人数とのバランスや部にある三味線の数と照合し人数制限する年も続きました。 (昭和のOGとしては隔世の感がありますね)

山田の先生方は「よく山田は地味と言われるけれども替手や地を入れるととっても華やかになるのよ」と、箏替手を入れることを好まれます。ここ10年ほどは、79での基本合奏構成は箏本手・箏替手・三絃・尺八の四人構成が多いです。

結果、以前は箏2三絃無の曲「嵯峨の秋」「四季の調」「千鳥の曲」「春の曲」「秋の曲」がスタンダードでしたが、最近ではなかなか教わる機会の無いまま卒業を迎えることが多い山田っ子です。

RSS


Copyright(c) 1999-2017 79kai.com
All Rights Reserved.
TOPページへ

79kai.com CONTENTS
>絲竹会活動報告
>絲竹会活動予定
>OB・OG会
>なんちゃって合奏団
>79kai.com Wiki
>79ちゃんねる(掲示板)
>お問い合わせ

79kai.com Wiki MENU


学習院大学
Your access No.

since April 01,1999

title-image